脳ドック

脳ドックの案内

40歳を過ぎたら・・・脳の健康管理に努めましょう

ストレスの多い現在、突然訪れる不幸を未然に防ぐ為、思い立ったら迷わず脳ドックをご利用下さい。

脳ドックの必要性

日本人の脳卒中による死亡率は第3位であることをご存知ですか?
※1位:癌、2位:心臓病

脳卒中にはくも膜下出血、脳梗塞、脳出血などがあり脳血管障害とよばれています。

高齢の方に多いのですが、働き盛りのストレスの多い人にもみられます。
脳卒中は突然発生するため、早期発見が非常に重要となり、脳ドックは突然死を防ぐ非常に重要な役割を担っています。

主な検査内容は、以下の通りです。

  • MRI検査
  • 画像検査
  • 危険因子(不整脈、高脂血症、血症、糖尿病など)の調査
  • 予防への指導

主な検査内容

検査内容は、以下の通りです。

  • MRI検査
  • 画像検査
  • 危険因子(不整脈、高脂血症、血症、糖尿病など)の調査
  • 予防への指導

こんな症状の方は早めの検査をお勧めいたしております。

日常生活で何らかの症状が感じられなくても、一度脳ドックを受けられることをおすすめいたします。
また、健康診断などで以下のように言われた方は、一度受けられることを強くおすすめいたします。

  • 高血圧、体脂肪が高いと言われた人
  • 高脂血症、糖尿病、不整脈と診断されている人

このような症状がある場合、血液が固まりやすくなっていることが考えられ、それが脳卒中につながる可能性が高いのです。
手足や顔にしびれがある方も、異常が考えられます。

安藤病院の脳ドック検査内容

  • 頭部MRI
  • 血液さらさら
  • ABI
  • 問診・診察
  • 身体検査
  • 心電図
  • 眼底
  • 頸部MRI
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 血圧(2回)
  • 身長、体重、BMI、腹囲、体脂肪率

全12項目の検査で

料金60,000円(税抜)、認知症機能検査(オプション)20,000円(税抜)

脳ドックの流れ

Step1 予約受付

Step2 来院

Step3 書類受取・記入

Step4 検査

Step5 結果説明

Step6 会計

Step7 結果報告書郵送

side_tel.png