胃腸科

胃腸科とは

胃腸科では、下記対象部を中心に治療を行なっております。

<疾患の対象>

  • 小腸、大腸
  • 十二指腸
  • 食道
  • 胆道
  • 肝臓
  • 膵臓

<治療内容>

  • 超音波検査
  • 内視鏡検査

など

当病院では次のような症状を扱っております。

  • お腹がはる
  • 喉に違和感がある
  • 下痢がつづく
  • 何度もげっぷが出る
  • 血を吐いた
  • 便が白っぽい
  • 食べ物が喉につかえる
  • 尿が褐色
  • 胃がもたれる
  • 体が黄色くなる
  • 胸やけがする
  • 下痢がつづく
  • 嘔気や嘔吐がある
  • 便秘、血便や黒い便が出る

胃カメラ

「痛そう・・・苦しそう・・・」
というイメージが先行する胃カメラ検査(内視鏡検査)ですが、当院では、鼻から細い管を入れて行う経鼻内視鏡検査を取り入れておりますため痛みや苦しさを感じずに検査を受けていただけます。

※吐き気などもなく受けていただけます。
※検査中も、話すことができるので、何かあればすぐ医師に質問していただくことができます。

個人差もありますので、検査をご希望の方はお気軽に詳細をスタッフまでお聞きください。

大腸カメラ

食生活が欧米化し続けている日本人にとって、大腸にまつわる疾患は増え続けています。

大腸内視鏡検査は胃カメラに対して複雑で、内視鏡を肛門から挿入しますが、医療技術の発展によりよりスムーズな挿入が可能になっています。
様々な器具を用いての細胞の採取やポリープ切除も行えます。

検査は、お腹のはりや痛みがない方法で行われますので安心してご来院ください。

腹部CT、エコー検査

腹部臓器の悪性腫瘍の存在がわかります。
腹部エコーでは、結石、ポリープなどの存在を知ることができるため、早期肝臓がんの発見に有用です。

詳しい検査内容、料金についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

大腸ポリープ切除

大腸のポリープは、S状になっている結腸と、直腸に発生することが多いです。

ポリープは数年かけて進行することが多く、その一部がガン化します。
腺腫では、100個以上のポリープが大腸にでき、放置してしまうと100%大腸がんになります。

胃に対して命の危険につながるケースが多いのが大腸ですので、気になったら早期検査を行いましょう。

症状

  • 便潜血
  • 鮮血便
  • 自然脱落による下血
  • 腸重積
  • 肛門外に出てくるケースもあります。

検査

大腸内視鏡検査
ポリープの有無を確認します。形状を観察し、細胞を採取、詳細を調べます。

治療

腺腫は切除します。
基本的には内視鏡での切除を行います。
切除にいたらないポリープに関しては、焼灼切除を行います。

side_tel.png