整形外科

整形外科とは

整形外科では、身体の運動器官にまつわる組織の疾患を対象として治療を行います。
その範囲は幅広く、年齢も赤ちゃんからご高齢の方まで全年齢層が対象となるため、患者数が非常に多いのが特徴です。

また、当院では通常の手術のように患部を大きく切開する必要がない膝の関節鏡手術も行っております。半月板損傷や骨棘で関節の変形があまり進んでいない場合などに行い、少ない負担で、ギザギザになった半月板や関節軟骨の凹凸、骨棘などの切除や整えたりすることが可能です。

お一人お一人にあった治療方法を患者さんと一緒に見つけていくよう対応しております。

スポーツ外来

スポーツ外来では、各種スポーツによって生じた障害や怪我(外傷)の診断と治療を行います。

また、成長期にスポーツによって生じやすい疲労骨折や関節・腰まわりの障害についても治療を行なっております。

交通事故

自賠責保険による交通事故治療も行っております。

精密検査(レントゲンによる)を行い、症状に応じた治療、薬の処方を行います。

椎間板ヘルニア

椎間板とは、腰にある扇状の骨を差します。
この椎間板で背骨の動きをコントロールしたり、加えられるショックを吸収したりして背骨の運動機能を支えています。

椎間板ヘルニアとは、この椎間板の中心に通っている髄核と呼ばれる物質が外へ飛び出し神経を圧迫することで生じる痛みのことです。

骨粗鬆症

骨の密度が下がる・骨の量が減ることによって、骨の強度が下がり骨折を起こしやすくする病気です。
ご高齢の方に多くみられます。
痛みはありませんが、ちょっとした運動で関節が外れたり骨折したりしやすくなります。

五十肩(肩関節周囲炎)

一般的に、肩の運動幅が狭まり、腕が上がらなくなります。

日常生活の動きに支障がでたり、また、夜眠れないほどの痛みが伴うケースもあります。

痛風

風がふいただけで痛むことから、痛風とよばれています。
いわゆる贅沢病とも言われ、暴飲暴食後に足の指の付け根が赤く腫れて痛むなどの症状が現れます。
足周辺の痛みにまつわる病気で、肥満や高血圧などを合併するケースもあります。

side_tel.png